NY原油時間外:続伸、72ドル台-IEAは需要見通し連続で上方修正

ニューヨーク原油先物相場はロ ンドン時間10日午前の時間外取引で4日続伸となり、バレル当たり 72ドル台で取引されている。ドル下落を背景に商品への投資が膨ら んだほか、国際エネルギー機関(IEA)が来年の世界石油需要見通 しを2カ月連続で引き上げたことも好感された。

石油輸出国機構(OPEC)が9日に生産枠の据え置きを決定し たことも支援材料。ドルは対ユーロで約1年ぶりのドル安ユーロ高水 準となっている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は一 時、前日比1.13ドル(1.6%)高の1バレル=72.44ドルを付けた。 ロンドン時間午前9時21分(日本時間午後5時21分)現在は

72.18ドルで推移。年初来では62%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE