中国招商局国際:1-6月純利益14%減-貿易不振が響く

香港に拠点を置く中国の港湾運 営大手、中国招商局国際が10日発表した2009年1-6月(上期) 決算は、前年同期比14%減益となった。世界的なリセッション(景 気後退)で貿易が低迷したことが背景。

同社が香港証券取引所に提出した資料によれば、純利益は17億 3000万香港ドルと、前年同期の20億2000万香港ドルから減少。 売上高は前年同期比20%減の16億5000万香港ドルだった。

欧米でアジア製の玩具や家具などへの需要が減退したことが背 景。コンテナ取扱量は前年同期比19%減少した。

同社はまた、中間配当として25香港セントを提示。前年同期は 28香港セントだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE