香港株(午前):ハンセン指数、1年ぶり高値に上昇-消費関連高い

午前の香港株式相場は上昇。企業 利益の伸びが回復するとの観測から、指標のハンセン指数は日中ベー スで1年ぶり高値を付けた。

豚肉加工で中国最大手、中国雨潤食品集団(1068 HK)は5.6% 高。今年1-6月(上期)の利益が37%増加したことが好感された。 不動産開発を手掛けるハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、101 HK) は2.4%上昇。同社が8月に香港市内で約75億香港ドル(約890億 円)相当の住宅を販売したことに加え、中国の8月の住宅価格が11 カ月ぶりの高い伸び率となったことが材料視された。玩具や衣料品を 米小売りのウォルマート・ストアーズやターゲットに納入するリー・ アンド・ファン(利豊、494 HK)は5%高。同社のブルース・ロコ ウィッツ社長が米個人消費は「一段と明るい」との見方を示した。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比2.1%高の21294.61。このままいけば、終値で2008年8月 以来の高値を付ける。同指数を構成する42銘柄中、39銘柄が上昇し た。ハンセン中国企業株(H株)指数は同2.1%高の12363.77。

-- With assistance from Patrick Rial in Tokyo. Editors: Nick Gentle, Brian Fowler

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Shiyin Chen in Singapore at +65-6212-1170 or schen37@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE