豪雇用者2万7100人減、景気対策支出鈍化で-失業率5.8%

オーストラリア統計局が10日発 表した8月の雇用統計では、雇用者数が前月比2万7100人減と、エコ ノミスト予想を上回る減少となった。政府の景気対策の支出ペースが 鈍化する中で、景気減速の兆候が強まった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト21人を対象と する調査結果では、1万5000人減(予想中央値)と見込まれていた。 失業率は5.8%で、前月と変わらず。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のシニアエコノミス ト、デービッド・デガリス氏は統計発表に先立ち、景気減速に伴い「年 後半にはさらなる雇用の喪失が見込まれる」と語った。

フルタイム雇用者数が3万800人減少する一方、パートタイムの 雇用は3800人増加した。

豪ドルは米ドルに対して、シドニー時間午前11時37分(日本時 間同10時37分)現在、1豪ドル=0.8583米ドルと、統計発表前の

0.8621米ドルから下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE