日本株は反発、商品市況の先高観強く資源や海運上げ-金融も戻す

日本株相場は、反発して始まっ ている。前日の海外市場で原油先物が続伸、金価格も再び一時1オン ス=1000 ドル台に乗せるなど国際商品市況の先高観が強まっており、 住友金属鉱山や三菱商事などの資源関連株が上昇。中国向け鉄鉱石の 海上運送事業を拡大する、と10日付の日本経済新聞朝刊で報道され た海運株も買われている。

このほか、前日までの下落が目立っていた銀行など金融株も反発。 個別では、インフルエンザの感染の有無を調べる簡易検査で、感度を 現状の100倍に高める技術を開発した、と10日付日本経済新聞朝刊 で報じられた富士フイルムホールディングスも高い。

日経平均株価の始値は前日比73円21銭(0.7%)高の1万385 円35銭。TOPIXは同6.29ポイント(0.7%)高の946.13。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE