ブラウン英首相:国内経済に「勇気付けられる兆候」-景気指標好転

ブラウン英首相は9日、英国が戦 後最悪のリセッション(景気後退)から脱却しつつあることをあらた めて裏付ける経済指標が発表されたのを受け、国内経済に「興味深く 勇気付けられる兆候」があると受け止めている。

サイモン・ルイス報道官がロンドンで記者団に明らかにした。 同報道官によると、ブラウン首相は満足感に浸る余地はないとも話し ており、「適切な水準の歳出を維持して回復を継続させることの必要 性を強く感じている」という。

英住宅金融大手ネーションワイド・ビルディング・ソサエティ ーが9日発表した8月の消費者信頼感指数は約1年ぶりの高水準に上 昇。英雇用あっせん業界団体は雇用市場には改善の兆しが見られてい る可能性があるとの見解を示した。

8日には英国立経済社会研究所(NIESR)が発表した6- 8月期の国内総生産(GDP)が約1年ぶりにプラス成長に転換。英 政府統計局(ONS)が発表した7月の製造業生産指数も前月比

0.9%上昇と、エコノミスト予想の3倍の伸びだった。

エコノミストによると、イングランド銀行(英中央銀行)は10 日の金融政策委員会(MPC)で政策金利を過去最低の0.5%に据え 置くとともに、最大1750億ポンド(約27兆円)規模の資産買い取 りプログラムを継続する公算が大きい。

-- Editor: Andrew Atkinson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Robert Hutton in London at +44-20-7222-5241 or rhutton1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Atkinson at +44-20-7330-7672 or a.atkinson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE