米NYタイムズ:ボストン・グローブ売却はもはや必須事項ではない

米新聞発行大手ニューヨーク・ タイムズ(NYT)のジャネット・ロビンソン最高経営責任者(CE O)は9日、傘下のボストン・グローブ紙の売却について、コスト削 減実施後はもはや財務上の必須事項ではなくなったと指摘した。

ロビンソンCEOは社内会議でグローブの従業員に対し、報酬 削減などのコスト節減策が奏功し、財務基盤は改善したと述べた。会 議に出席した従業員1人が匿名を条件に明らかにした。同社は広告収 入が落ち込む中、人員と報酬・諸手当の削減や部門縮小を実施してい る。広報担当のアビ・サーフォス氏が同CEOの発言を確認した。

ニューヨーク・タイムズは、グローブを含むニューイングラン ド・メディア・グループの売却を目指してきた。4月には、労組が 2000万ドル(約18億4000万円)のコスト削減で合意しなけれ ば、グローブを廃刊すると表明していた。

匿名の従業員によれば、ロビンソンCEOは9日の会議でグロ ーブ売却を「強いられる」状況ではなくなったとしたものの、引き続 き選択肢の1つだと指摘。複数の買い手候補が数日以内に見学に訪れ る予定も明らかにしたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE