英中銀:資産買い取り規模を現状維持-政策金利も据え置き

イングランド銀行(英中央銀 行)は10日の金融政策委員会(MPC)で、資産買い取りプログラ ムの規模を現行の1750億ポンド(約26兆7500億円)に据え置く ことを決めた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、 35人全員が資産買い取り規模の現状維持を予想していた。

キング総裁ら9人の委員で構成するMPCは、政策金利のレポ金 利についても過去最低の0.5%に据え置いた。エコノミスト60人を 対象にした金利についての調査でも、据え置きが見込まれていた。

英中銀に勤務した経験のあるソシエテ・ジェネラルのチーフエコ ノミスト、ブライアン・ヒリアード氏は「MPCが今日、何もしなか ったからと言って、将来にも行動しないということにはならない」と 指摘した。

同氏はさらに「英経済は改善しているが、他の欧州諸国に比べれ ば出遅れている。7-9月(第3四半期)の景気見通しはひどい。英 国はリセッション(景気後退)から恐らく脱したが、足取りは全く力 がない」と語った。

英国立経済社会研究所(NIESR)は今週、英リセッションが 5月に終了した公算だと発表した。英銀ロイズ・バンキング・グルー プのハリファックス部門の10日の発表によると、8月の英住宅価格 は前月比0.8%上昇だった。また、英サービス業を対象にした調査で は、同分野の生産活動が約2年ぶりの高ペースで拡大したことが示さ れた。

一方で、キング総裁は市中銀行が十分な貸し出しを行っていない ことを懸念している。イングランド銀は先月に資産買い取り規模を 500億ポンド拡大したが、同月のMPCの議事録によれば、キング総 裁はさらに大幅な拡大で2000億ポンドとすることを主張していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE