ロンドン外為:円が対ユーロで続落-業績期待に伴う株価上昇で

10日午前のロンドン外国為替 市場では、円がユーロに対して6営業日連続で下落。企業業績見通し 改善を背景に株式相場が上昇し、相対的に安全な資産としての円の需 要が後退した。

ポンドは対ドルで下落。イングランド銀行(英中央銀行)の資産 買い取り規模をめぐる金融政策委員会(MPC)のこの日の決定が注 目されている。

ロンドン時間午前9時44分(日本時間午後5時44分)現在、 円の対ユーロ相場は1ユーロ=134円12銭と、ニューヨーク時間前 日の133円99銭を下回っている。9日には134円41銭まで売り 込まれ、先月28日以来の円安・ユーロ高水準となった。ドルはユー ロに対して前日からほぼ変わらず1ユーロ=1.4557ドル。

円は対ドルでは1ドル=92円13銭(前日は92円4銭)で取引 されている。前日は2月17日以来の水準となる91円61銭まで上 げる場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE