【米個別株】デュポン、eベイ、マクドナルド、サンディスク

9日の主な銘柄は以下の通り。

デュポン(DD US):1.5%安の31.36ドル。ゴールドマン・サッ クス・グループは、米化学メーカー3位のデュポンの株式投資判断を 「ニュートラル」に引き下げ、「買い推奨リスト」から除外した。過 去6カ月で同株価はほぼ2倍に値上がりし、適正価格に達したとの判 断が理由。

eベイ(EBAY US):3.9%高の22.68ドル。サンフォード・C・ バーンスティーンは、インターネット競売最大手、米eベイの株式投 資判断を「マーケットパフォーム」から「アウトパフォーム」に引き 上げた。中核事業が「上向きつつある」ことを理由に挙げた。

ハーシー(HSY US):3.5%高の40.49ドル。英紙タイムズ(オン ライン版)の報道によると、米チョコレート菓子最大手のハーシーは 同業の英キャドバリーに買収案を提示した世界2位の食品会社の米ク ラフト・フーズに対抗し、キャドバリー買収の可能性を検討するため 米JPモルガン・チェースをアドバイザーに起用した。同紙は情報源 を明示せずに伝えた。

マクドナルド(MCD US):2%安の55.09ドル。外食店チェーン 最大手のマクドナルドが発表した8月の既存店売上高は前年同月比で

2.2%増加した。コーヒー飲料やハンバーガーの販売は好調だったもの の、既存店売上高は一部の市場予想を下回った。

サンディスク(SNDK US):6.1%高の19.32ドル。ドイツ銀行は、 デジタルカメラ向けメモリーカード最大手、サンディスクの株式投資 判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。2007年以降の供給削 減が「長期にわたる価格安定性と利益マージンの改善」につながると の見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE