米FDIC:社債保証プログラム、6カ月間の期限延長を提示

米連邦預金保険公社(FDI C)は9日、金融機関の社債保証プログラムの実施期間を緊急時に 限って6カ月間延長することを提案した。監督当局は連邦政府から 支援を受けた企業の独立を目指している。

FDICの取締役会は9日の会合で、期限延長の提案を全会一 致で決定した。期限の延長が認められるのは特別なケースに限る。

FDICは今のところ、同保証プログラムに基づき、参加を認 められた金融機関が10月31日までに新規発行した社債を保証する。 保証を受けるにはFDICの承認および手数料が必要になる。

期限延長を申請する場合、銀行はFDIC取締役会に許可を申 請し、FDICの保証がなければ社債を発行できない事情を説明す る必要がある。

原題:FDIC Proposes Six-Month Extension for Debt

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE