ECBリッカネン氏:流動性吸収は利上げより前に開始も-両者は別物

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、フィンランド中央銀行のリッカネン総裁は9日、EC Bが利上げを開始するよりも前に、流動性供給の緊急融資措置の解除 を始める可能性があることを示唆した。

同総裁はヘルシンキで発言し、「経済がプラス成長に転じ需要が 強まれば、われわれは流動性吸収に向けて行動しなければならない。 利上げはある段階で実施されるが、流動性吸収とは別個のものだ。当 局は常に準備を怠らず、それぞれの時点で必要な政策を判断しなけれ ばならない」と語った。

リッカネン総裁はユーロ圏が7―9月(第3四半期)にプラス成 長に戻る可能性があるとしながらも、引き締め政策に移行し始めるに は早過ぎるとの見解を示し、「ユーロ圏の成長は緩やかで、非稼働の 産業設備が多い上、インフレ圧力はない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE