ロシアの4-6月GDP改定値:前年同期比10.9%減-統計上で最悪

ロシア連邦統計局が9日発表した 同国の2009年4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)改定 値は前年同期比10.9%減少と、先月11日公表の速報値から修正され なかった。ブルームバーグ・ニュースが集計したエコノミスト14人の 予想中央値とも一致した。

設備投資の急減で鉱工業生産が振るわず、企業が資金調達で困難 に陥ったことを背景に、ロシアの4-6月期GDPは統計開始以来で 最大の落ち込みとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE