ECB総裁:危機終了はまだ先、出口戦略を示すことは重要

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁は9日、金融危機は終わっていないとする一方で、景気刺激策 を引き揚げる方法を当局者が検討することが重要だとの考えを示した。

トリシェ総裁はブリュッセルで記者団に、「まだ危機が終わった と言うべき時ではない」が、「同時に、持続可能な状態へ戻るための 確固たる道筋を示すことが非常に重要だ」と語った。

同総裁はまた、事態が正常に戻った兆候があるとの見方があって も、金融システム改革への「できる限り強力な」取り組みを維持する ことが必要だとの考えを示した。

また、中央銀行と金融規制当局の情報共有の場であり国境を越え たリスク監視機関となる欧州システミックリスク理事会(ESRB)設 立に、ECBは貢献する準備があると表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE