温暖化ガス25%削減、電力総連会長らが批判-朝日

朝日新聞電子版は9日、民主党の鳩 山代表が2020年に温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減するとの 目標値を明言したことについて、電力総連の南雲弘行会長や連合の高木 剛会長が批判したと報じた。

それによると、南雲会長は各家庭でほぼ強制に近い対策が必要にな ることを挙げ、実現性に疑問を呈した。また、連合の高木剛会長も25% の具体的な中身について注文をつけたとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE