三菱航空機:MRJの納期を2014年に延期-仕様変更で(Update1)

(延期の詳細やその理由などを追記します)

【記者:松井博司】

9月9日(ブルームバーグ): 三菱重工業の子会社、三菱航空機は 9日、開発中の国産小型機MRJの納期を2014年第1四半期に延期す る。本来の仕様を一部変更するためで、従来は2013年としていた。江 川豪雄社長が同日の会見で明らかにした。

MRJは座席数100席以下の仕様で設計を進めていた国産小型ジ ェット旅客機。2011年に初飛行、13年に最初の発注者である全日本空 輸に初号機を引き渡すことを目指していた。これを初飛行が2012年の 第2四半期、初号機納入を14年の第1四半期へと先送りすることにし た。

理由は仕様の変更。主翼の素材を当初予定していた「複合材」から 金属のアルミニウムに変更し、軽量化を図る。これにより、予定してい なかった座席数100席のやや大きめの機種も用意する。また、顧客の要 望に応え、全ての機種の客室をわずかに広くした。

江川社長は今回の変更で仕様を確定させるとした上で、変更により、 中国やロシアなど競合機に比べて優位性が保てると主張。新たな受注状 況については具体的な言及を避けたが、「MRJを小型ジェットのベス トセラーにしたい」と語った。

--取材協力:東京 Editor: Fukashi Maruta, Kenshiro Okimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松井 博司 Hiroshi Matsui +813-3201-2068 hmatsui2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Steven Mcpherson +81-3-3201-8212 smcpherson@bloomberg.net 東京 Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

株式に関するニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE