独コメルツ銀をまた提訴、ドレスナーKの元従業員72人が報酬未払いで

ドイツの投資銀行ドレスナー・ク ラインオートの元従業員72人は8日、総額約3400万ユーロ(約45 億5000万円)の報酬・遅延利息が未払いだとしてコメルツ銀行をロ ンドンの高等法院に提訴した。ドレスナー・クラインオートは1月、 コメルツ銀の傘下に入った。

訴状によると、元従業員らはドレスナー・クラインオートとの契 約に基づいた場合に支払われるはずだった賞与の1割しか受け取っ ていない。元従業員の一部は引き続きコメルツ銀に勤務している。

これまでにドイツ政府に182億ユーロの資本注入を要請したコ メルツ銀は、ドレスナー・クランオートの経営権取得後、ドレスナー 幹部の賞与や退職金の支給を控えている。賞与・退職金の未払いにつ いてコメルツ銀行は、ロンドンとフランクフルトで既に12件以上の 訴訟を起こされている。

コメルツ銀は電子メールで配布した発表文で、「ドレスナー銀行 は、昨年11、12月の大幅な業績悪化を踏まえて、ドレスナー・クラ インオート従業員への任意的な賞与について今回の措置を取る資格 が十分にあった」と指摘。「裁判所で積極的に抗弁していく」と説明 した。

企業ニュース: {DRB GY <Equity> CN}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE