アジア株:ほぼ変わらず、原油と金属高で商品株が上昇-銀行株は下落

9日午前のアジア株式相場は ほぼ変わらず。JPモルガン・チェースが日本の銀行セクターの 投資判断を引き下げたが、原油と金属相場高で商品関連株は上昇 した。

国際石油開発帝石が高く、世界3位の鉱山会社、英・オース トラリア系のリオ・ティントは1.8%高。三菱UFJフィナンシ ャル・グループと三井住友フィナンシャルグループは、JPモル ガン・チェースが投資判断をいずれも「中立的」に下げたことが 響き、下落している。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時12分現 在、前日比ほぼ変わらずの115.97。上昇銘柄と下落銘柄の割合 は約4対3。8日は、ほぼ1年ぶりの高値で取引を終了した。各 国政府の景気刺激策によって世界経済は回復するとの観測から、 同指数は過去半年間で64%上昇している。

-- Editors: Darren Boey, Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net; Kotaro Tsunetomi in Tokyo at +81-3-3201-2089 or ktsunetomi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE