【テクニカル分析】米国株の20%下落リスク増大-上昇局面が「成熟」

バンク・オブ・アメリカ(BOA) によると、米国株式相場の上昇局面は「成熟しつつあり」、売り方が買 い方よりも積極的であることからS&P500種株価指数が20%下落す るリスクは増大しているという。

BOAのアナリスト、メアリー・アン・バーテルズ氏は、米株式 市場の資金フローを測る出来高分析モデルから、投資家の買い注文が 先週ピークを付けた一方で売り注文が勢いを増したことが示されたと 指摘。S&P500種は12年ぶりの安値を付けた3月9日以降の50%の 大幅上昇局面の終わりに近い可能性が示唆されていると述べた。

S&P500種が15-20%の「調整」局面に入る可能性が増大して いることを示唆したのは、バーテルズ氏が注目する5つの指標の中で は売り圧力で3つ目。同氏はこのほか、中国の上海総合指数が先月以 降16%下落している点や、インベスターズ・インテリジェンス誌がま とめたニューズレター調査で弱気派の比率が20%未満に低下した点 を調整局面入りの可能性を示す2つのシグナルだと説明した。

インスティチューショナル・インベスター誌の最新調査でテクニ カルアナリスト番付2位だった同氏は、「これらはすべて相場の上昇が 成熟してきたサインだ」と述べ、「より深刻な調整のリスクが高まりつ つある」と述べた。

同氏はまた、米国株の上昇を引き続き支えている2つの指標とし て、ハイテク株の好調と200日移動平均線を上回っている銘柄数の増 加を挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE