短期金融市場:翌日物0.08-0.10%、国内銀行の調達意欲鈍い

短期金融市場の無担保コール翌日物 は0.08-0.10%で推移している。国内銀行の調達は前日と同様に限定的 となっており、市場関係者の間では日中も0.10%を下回っての取引が続 くとみられている。

短資会社によると、翌日物は前日の加重平均金利0.097%に対して 朝方は0.10%で取引を開始した。その後は、国内銀行の調達需要が鈍い ことから0.08%まで水準を下げている。

日銀は午前9時20分の定例金融調節を見送った。この日の当座預金 は4000億円減の11兆円程度、準備預金(除くゆうちょ銀)は前日と同 じ8兆5000億円程度にそれぞれなる見込みだ。

準備預金の残り必要積立額(1日平均)は4兆2000億円、積み終 了先は3兆8900億円となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE