須田日銀委員:異例の措置の役割は後退しつつある-企業金融支援策

日本銀行の須田美矢子審議委員は9 日午前、長崎市内で講演し、社債の買い入れなど12月末を期限とする 3つの企業金融支援策について「異例の措置の役割は後退しつつある」 と述べ、情勢の改善が続けば、これらの措置の終了または見直しを行 うとの考えを示した。

須田委員は企業金融を取り巻く環境について「通常の資金供給オ ペで代替しても安心感を損なわないレベルにまで改善しつつあるので はないか」と語った。さらに、「異例の措置の持つデメリットを軽視す べきではない」と言明。「異例の措置を必要以上に長引かせるようなこ とがあれば、副作用による悪影響が導入によるプラス効果を結果的に 凌駕(りょうが)してしまうことにもなりかねない」と述べた。

日銀は7月15日開いた金融政策決定会合で、9月末を期限として いたコマーシャルペーパー(CP)と社債の買い入れ、企業債務を担 保に0.1%で無制限に資金供給を行う企業金融支援特別オペについて、 12月末まで延長することを全員一致で決定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE