米AIG株が急落、クレディ・スイスが投資判断引き下げ

8日の米株式市場では、米政府 から救済を受けた保険会社アメリカン・インターナショナル・グルー プ(AIG)の株価が急落した。AIGの資産売却で株主にはほとん ど無価値となる恐れがあるとしてクレディ・スイス・グループが同社 の投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げたのがきっかけ。

ニューヨーク証券取引所ではAIG株は前営業日比4.20ドル (10%)安の35.85ドルで終了。

AIGは米連邦準備制度理事会(FRB)の融資枠で380億ド ルの債務を抱えており、これまでに約98億ドルの資産売却を発表し ている。

クレディ・スイスのアナリスト、トーマス・ギャラハー氏は8 日付のリポートで「事業価値を短期的に現金化すれば、普通株にはほ とんど価値がなくなるかもしれない」と指摘。「フランチャイズ価値 が一段と減少するリスク」を理由に、市場が回復する前にAIGは部 門売却を余儀なくされる恐れがあるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE