米大統領:医療改革で炭酸飲料課税の検討に前向き-肥満抑制も期待

オバマ米大統領は議会で審議中 の医療保険改革の財源確保に向け、炭酸飲料など糖分の入った清涼飲 料水に対する課税検討に前向きな姿勢を示した。

大統領は来週発売の雑誌「メンズ・ヘルス」のインタビューで、 「課税は追求すべき考え方だと思っている。子供たちが炭酸飲料を飲 み過ぎていることは明らかだ」と語った。

医療保険改革にかかるコストは向こう10年で最大1兆ドル(約 92兆円)と見積もられ、関連法案を作成している議員らは糖分を含 む炭酸飲料を対象とする新税導入を検討してきた。

オバマ大統領は課税提案に一部議員が反対しているものの、炭 酸飲料の消費減少に寄与する課税は医療コストを抑えるために役立つ とし、「肥満に関してこれまで実施されたすべての調査が、炭酸飲料 消費と肥満の高い相関関係を示している」と語った。

コカ・コーラ、ペプシコ、カーギル、アーチャー・ダニエルズ・ ミッドランド(ADM)などの企業のためロビー活動を展開する複数 の業界団体は、上院財政委員会で取り上げられている同提案に反対し ている。

原題:Obama Says New Tax on Sugary Drinks Worth

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE