カナダ・ドル:対米ドルで下落-中銀の金融政策決定会合を控えて

8日の外国為替市場で、カナダ・ド ルは米ドルに対して下落した。約1カ月ぶりの高値を付ける場面もあ ったが、カナダ銀行(中央銀行)の金融政策決定会合を10日に控えて、 ポジション調整の動きが見られた。

ナショナル・バンク・オブ・カナダの外国為替担当マネジングデ ィレクター、ジャック・スピッツ氏(トロント在勤)は、「10日のカ ナダ中銀の金融政策決定会合を前に、一部の市場参加者は買い持ち高 (ロング)を手じまっている」と指摘。「政策会合では、現在のカナダ・ ドルの水準やボラティリティーは行き過ぎだとの指摘がさらに出てく る公算が大きい」と語った。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時54分(日本時間9日午前5 時54分)現在、前日比0.2%安の1米ドル=1.0803カナダ・ドル(1 カナダ・ドル=0.9257米ドル)。7日は1.0778カナダ・ドルだった。 一時は1%高の1.0674カナダ・ドルまで上昇し、8月4日以来の高値 を付けた。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019年6 月償還)の利回りが4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上 昇し、3.41%だった。価格は30セント下げて102.80カナダ・ドル。

-- With assistance from Alexandre Deslongchamps in Ottawa. Editors: Greg Storey, James Holloway

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Chris Fournier in Montreal at +1-514-940-6476 or cfournier3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE