ECBのノボトニー氏:ユーロがドルに代わる「可能性は低い」

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバーであるオーストリア中央銀行のノボトニー総裁は、 ユーロがドルに代わって世界の主要準備通貨としての地位を得る可 能性は低いとの見方を述べた。

ノボトニー総裁はイタリアのボローニャにあるジョンズ・ホプ キンス大学センターのウェブサイトに論文を掲載し、「この先10 年間を予想しても、ユーロが世界主要通貨としての米ドルの優位性 をしのぐことはあり得そうにない。国際的にみても2つ以上の主要 通貨が同時に存在すると、政策協調や主要通貨国間のボラティリテ ィーの監視といった面で新たな困難が生まれる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE