原油は年内に85ドルへ、需要改善で-ゴールドマン、予想を維持

ゴールドマン・サックス・グルー プは、原油相場が年内にバレル当たり85ドルまで上昇する可能性が あるとの従来見通しを据え置いた。米個人消費の拡大を背景に石油需 要が改善していることを理由に挙げた。

ジェフリー・カリー氏率いるゴールドマンのアナリストらは8日 に電子メールで配布したリポートで、「失業率が示唆するよりも石油 に対する見通しははるかに良い。8月の動向は今後数カ月の石油需給 が逼迫(ひっぱく)するとの当社の見方を裏付けるものだった」と指 摘した。

ゴールドマンはさらに、「世界経済が予想よりも速く回復してい ることを示す広範なマクロ経済に関するデータと同様に、石油に関す るデータも明確に改善している」と説明した。

原油先物相場は年初来で59%上げている。ニューヨーク商業取 引所(NYMEX)の期近物はこの日、一時1バレル=71.01ドル まで上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE