インド株(終了):センセックス、1年3カ月ぶり高値-業績改善を期待

インド株式相場は上昇、指標のセ ンセックス30種株価指数は1年3カ月ぶり高値で引けた。財務省当 局者が内需が回復しつつあるとの見解を示したことを背景に、景気回 復で業績が改善するとの期待が膨らみ、相場の押し上げ要因となった。

金属相場の上昇を背景に、インドの産銅最大手スターライト・イ ンダストリーズは1年3カ月ぶり高値を付けた。インド最大の二輪車 メーカー、ヒーローホンダは2.2%上昇。住宅・自動車ローンが回復 しつつあるとの大手銀行首脳の発言が買いにつながった。インドステ イト銀行は、同行会長が大幅増益の見通しを示したことが好感され、

4.5%高となった

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

107.35ポイント(0.7%)高の16123.67と、昨年5月30日以来 の高値で終了した。

インド財務省のナモナレイン・ミーナ氏はムンバイで8日、イン ド経済は7-9月期に4-6月期よりも速い成長を遂げるとの見通し を示した。

スターライト(STLT IN)は4.8%高の740.25ルピーと、昨 年6月20日以来の高水準となった。ヒーローホンダ(HH IN)の終 値は1668.85ルピー、インドステイト銀(SBIN IN)は1894.05 ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE