中国:8月乗用車販売は前年比90%増-政策効果で伸び最大

中国汽車工業協会(CAAM) が8日発表した8月の同国乗用車販売台数は前年同月比90%増と、 過去最大の伸びを記録した。減税や政府の補助金で需要が高まった。 米国を超えた世界最大の自動車市場に、また1歩近づいた格好だ。

発表資料によれば、スポーツ型多目的車(SUV)などを含む 8月の乗用車販売は85万8300台。昨年8月は北京五輪の影響で需 要が低迷し、前年同月比6.2%減だった。

国泰君安証券のアナリスト、張欣氏(北京在勤)は「インセン ティブ(販売奨励策)の効果で販売の伸びが向こう数カ月続くのは確 実だ」としながらも、来年についてや政府が追加対策を導入するかど うかについては、誰もが不安を抱いていると述べた。

トラックとバスを含む8月の自動車販売台数は、前年同月比 82%増の114万台。商用車は同60%増の28万200台だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先 Tian Ying in Beijing at +86-10-6649-7571 or ytian@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bret Okeson at +81-3-3201-8335 or bokeson@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE