7月のドイツ輸出:前月比2.3%増-世界貿易回復で3カ月連続プラス

独連邦統計庁の8日の発表による と、ドイツの7月の輸出は3カ月連続で前月比増加となった。世界貿 易の回復が、ドイツ経済のリセッション(景気後退)脱却を後押しし ている。

8日発表された7月の輸出(営業日・季節調整済み)は前月比

2.3%増加。6月は6.1%増(改定前7%)に修正された。ブルーム バーグ・ニュースが集計したエコノミスト予想は前月比1.2%増 (14人の中央値)だった。7月の輸出は前年同月比では依然、

18.7%の減少。

フォルティス・バンク・ネーデルランドのエコノミスト、アリ ン・スハウリング氏(アムステルダム在勤)は、「世界の経済指標は 回復基調を示している。在庫は積み増しに転じており、ドイツ経済は この恩恵を受ける最初の国の1つだろう」と述べた。

7月の輸入は前月比変わらず。6月は5.9%増(改定前6.8% 増)だった。貿易黒字は139億ユーロと、前月の121億ユーロから 拡大。経常黒字は110億ユーロと、前月の135億ユーロから縮小し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE