紅茶の茶葉不足、さらに10%拡大との見方-インドなどの干ばつで

世界最大の茶葉栽培企業、マクラ ウド・ラッセル・インディアは、世界の茶葉不足が2010年に10%拡 大するとの見通しを示した。主要生産国のケニアやスリランカ、イン ドでの干ばつの影響で茶葉が被害を受け、価格は過去最高値に上昇し ている。

マクラウドのマネジングディレクター、アディヤ・カイタン氏は インタビューで、10年5-6月までに不足量が1億1000万キロ グラムに拡大する可能性があると予想。今年の不足は1億キログラム と推計されている。ケニアやインドで過去最高値に達している茶葉価 格は、向こう1年間でさらに15%上昇するとみている。

供給の減少によって、マクラウドやグッドリック・グループ、ジ ェイシュリー・ティー・アンド・インダストリーズなどの生産各社の 利益が押し上げられる一方、紅茶ブランド「テトリー」を擁するタタ・ ティーや英・オランダ系ユニリーバなどの紅茶販売各社のコスト増が 見込まれる。

SMCグローバル・セキュリティーズのアナリスト、ハーシュ・ グプタ氏は「紅茶の消費者は、向こう1年間は安心できないだろう」 と指摘。「価格は今後さらに堅調になると予想され、世界の茶葉不足 は当分の間、解消されそうにない」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE