NATO:アフガン・カブール国際空港内の軍事基地での爆発を調査

北大西洋条約機構(NATO)主導 の国際治安支援部隊(ISAF)は、アフガニスタンのカブール国際 空港の軍事基地で爆発があったとの報道を受け、調査を行っている。 NATO側の報道官が電話取材で明らかにした。

この報道官は、自爆テロ犯が同基地を狙ったとするメディア報道 を確認できなかったという。

AFP通信がアフガニスタン内務省からの情報として伝えたとこ ろによると、爆発によって複数の民間人が死亡した。同報道によれば、 ISAFのバート大佐は、同空港の軍事基地正門の外で爆発が起こっ たと説明。「その後、基地の全ての門は閉じられ、空軍の作戦は中断さ れた」と述べた。

同国では、8月20日投票の大統領選の集計作業が続いている。 反政府武装勢力のタリバンは選挙妨害を宣言していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE