【起債予定】中部電、西鉄、東武、京阪電鉄、カネカ、NTT都市開発

複数の証券会社や発行体の担当者に よ ると、9月9日以降に以下の国内普通社債(SB)、サムライ債、財 投 機関債、地方公社債の起債が予想される。格付け会社名は、R&Iが 格 付投資情報センター、JCRは日本格付研究所、S&Pがスタンダー ド・アンド・アーズの略。

●国内普通社債(SB)

中部電力(9502)が国内SBの発行を準備している。年限は10年、 発行額は200億円を予定している。主幹事は、大和証券SMBC、三菱 UFJ証券、BNPパリバ証券が務める。格付けは、ムーディーズがA a2、 S&PがAA、R&IがAA+としている。

西日本鉄道(9031)が国内SBの発行準備を始めた。年限は5年、 発行額は70億円を予定している。主幹事は、みずほ証券が務める。格付 けは、R&IがA、JCRがA+としている。9日にも条件決定する見 通し。

東武鉄道(9001)が国内SBの発行を準備している。年限は6年、 発行額は100億円を予定している。主幹事はみずほ証券が務める。格付 けは、R&IとJCRがBBBとしている。9日にも条件決定する見通 し。

カネカ(4118)が国内SBの発行を準備している。年限が5年、10 年の2本建てで、発行額は5年債が50億円、10年債が100億円を予定 している。主幹事は、野村証券、大和証券SMBCが務める。格付けは、 ムーディーズがA2、R&IがA+、JCRがAA-としている。

京阪電気鉄道(9045)が国内SBの発行準備をしている。年限が5 年、10年の2本建てで、発行額は各100億円。主幹事は、5年債が野村 証券、日興シティグループ証券、10年債が大和証券SMBC、日興シテ ィグループ証券が務める。格付けは、R&IがA-、JCRがA-とし て いる。9日にも条件決定する見通し。

北海道銀行(8353)が国内SBの発行を準備している。年限が10 年 (NC5)の劣後債で、発行額は150億円を予定している。同行に とって初の社債発行となる。主幹事は、野村証券が務める。格付けは、 R&Iが発行体格付けをAとしている。

NTT都市開発(8933)が国内SBを準備している。年限は10年 債 で、主幹事に、みずほ証券、三菱UFJ証券が共同で務める。格付け は、 ムーディーズがAa3、R&IがAA-としている。今週半ばにも 条件決定する見通し。

ダイビル(8806)が国内SBの発行を準備している。年限10年、 発 行額は100億円を予定している。主幹事は、大和証券SMBC、野 村証 券が務める。格付けは、JCRがAA-としている。今週半ばにも 条件決定する見通し。

シャープ(6753)が国内SBの発行を予定している。5年、7年、 10年の3本建て。主幹事は、野村証券、みずほ証券、大和証券SMBC が務める。格付けは、ムーディーズがA2、S&PがA、R&IがAA -としている。今週後半にも条件決定する見通し。

スカパーJSATホールディングス(9412)が国内SBの発行準備 を始めた。年限は5年で発行額は200億円程度。主幹事は野村証券、モ ルガン・スタン レー証券が務める。格付けは、R&IがAとしている。

JR東日本(9020)が国内SBの発行を準備している。年限が4年 と10年の2本建てで、主幹事は、三菱UFJ証券、みずほ証券が務める。 格付けは、ムーディーズがAa1、S&PがAA-、R&IがAA+と し ている。

JR西日本(9021)が国内SBの発行を準備している。年限が3年 と20年の2本建て。主幹事は、3年債が三菱UFJ証券、大和証券SM BC、20年債は三菱UFJ証券、野村証券が務める。格付けは、R&I がAAとしている。

日本特殊陶業(5334)が国内SBの発行を準備している。年限は6 年、発行額は150億円を予定している。主幹事は野村証券、三菱UFJ 証券が共同で務める。格付けは、R&IがA、JCRがA+としている。

中京銀行(8530)が国内SBの発行を準備している。10年の劣後 債 (NC5)で、発行額は50億円を予定している。主幹事は、三菱U FJ 証券、大和証券SMBCが務める。劣後債の格付けは、JCRがA -と している。

三菱樹脂(4213)が国内SBの発行を準備している。年限が5年と 10年の2本建てで、発行額は5年債が100億円、10年債が50億円を 予 定している。主幹事は、5年債が三菱UFJ証券、大和証券SMBC、 日興シティグループ証券、野村証券、10年債は三菱UFJ証券が単独で 務める。格付けは、JCRがA+としている。

日産自動車(7201)が国内SBの発行を準備している。主幹事は、み ずほ証券、三菱UFJ証券、日興シティグループ証券が共同で務める。 年限や発行額などは未定。日産が国内SBを発行するのは、07年6月の 起債(1000億円)以来、2年3カ月ぶり。格付けは、ムーディーズがB aa2、S&PがBBB、R&IがA-、JCRがAとしている。

ブリヂストン(5108)が国内SBの発行を準備している。年限は5 年、主幹事は大和証券SMBC、野村証券が務める。格付けは、ムーデ ィ ーズがA3、S&PがBBB+、R&IがAA-、JCRがAAとし て いる。

みずほ銀行(MIZB)が国内SBの発行を準備している。年限は10 年 (NC5)の劣後債を予定。主幹事はみずほ証券が務める。格付けは、 ム ーディーズがA1、JCRがA+としている。

日本原子力発電(JAPCZ)が国内SBの発行を準備している。年限 は 10年で、主幹事は、野村証券、みずほ証券が共同で務める。格付けは、 R&IがAA-、JCRがAAとしている。

三越伊勢丹ホールディングス(3099)が国内SBの発行準備を始め た。主幹事は、三菱UF証券(事務)、野村証券、日興シティグループ証 券、大和証券SMBCが務める。格付けは、R&IがA-としている。

●円建て外債(サムライ債)

英銀大手のHSBC銀行が同行にとって初のサムライ債を9月に発 行する。年限は5年で、固定利付債と変動利付債の2本。発行額はそれ ぞれ300億円、合計600億円を予定している。変動利付債の表面利率は 3カ月物のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)に金利を上乗せして 決める。主幹事は、HSBC証券(東京支店)、三菱UFJ証券、みずほ 証券の3社が共同で務める。格付けは、ムーディーズのAa2、S&P のAA、フィッチのAAを取得する予定。

●財投機関債、地方公社債など

環境再生保全機構(JPENVZJP)が財投機関債の発行を準備してい る。 年限は5年、発行額は50億円を予定している。主幹事は、野村証 券、み ずほ証券が務める。格付けは、R&IがAAとしている。

水資源機構(WRDZJP)が財投機関債の発行を準備している。年限は 未定、発行額は90億円程度の予定。主幹事は、野村証券、みずほ証券が 務める。格付けは、R&IとJCRがAA+としている。

日本学生支援機構(JSFZ)が財投機関債の発行準備を始めた。年限 は3年、発行額は400億円を予定している。主幹事は大和証券SMBC、 野村証券が務める。格付けは、R&IがAA、JCRがAA+としてい る。

日本私立学校振興・共済事業団(PSJZ)が財投機関債の発行を準備 している。10年債で、主幹事は、三菱UFJ証券、野村証券が務める。 格付けは、R&IがAAとしている。

沖縄振興開発金融公社(ODFZ)が財投機関債の発行を準備している。 年限は10年、発行額は100億円を予定している。主幹事は、野村証券、 みずほ証券が務める。格付けは、R&IがAAAとしている。

Editor:Takashi Ueno

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 鞠子 和枝 KazueMariko +813-3201-3466 kmariko1@bloomberg.net 東京 上野 孝司 Takashi Ueno +813-3201-8696 tueno@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Singapore William Mcsheehy (65)6212-1140 Wmcsheehy@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE