日CMK株が3カ月ぶり安値、採算悪化で業績警戒-UBS証格下げ

プリント配線板最大手の日本C MK株が一時前日比8.7%安の679円と急落、3カ月ぶりの安値水 準に沈んだ。価格低下圧力による採算悪化などから、会社の今期 (2010年3月期)業績計画の下振れが警戒されている。UBS証券 は、投資判断を「買い」から「ニュートラル」へ引き下げた。

UBS証の後藤文秀アナリストは7日付リポートで、第1四半期 (4-6月)後の業績動向について「改善ペースは想定比遅れ気味。 価格圧力などからタイ工場や片面基板事業などが苦戦」していると指 摘。今期の連結営業損益予想を8億円の赤字から14億円の赤字へと 下方修正した。会社は15億円の黒字を予想している。

その上で後藤氏は、過度な悲観の修正を織り込む形での株価上昇 は一巡したと分析。今後は「厳しい事業環境が再度意識される」とみ て、投資判断だけでなく目標株価も引き下げた。

UBS証では、コンデンサーメーカーのニチコンについても業績 予想を引き下げ、投資判断を「買い」から「ニュートラル」に下げた。 ニチコン株は5%安の1111円まで売られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE