中国東方航空:約930億円規模の株式発行計画で株主の承認獲得

中国の航空大手、中国東方航 空は7日、10億ドル(約930億円)規模の株式発行計画につい て、株主の承認を獲得した。同社は上海航空の買収計画を前に債 務削減を目指している。

劉紹勇会長は上海で開かれた株主会合で、年末までに上海航 空の買収を完了する意向を明らかにした。同会長はまた、燃料ヘ ッジ事業を継続する方針を示した。

同社は上海航空の統合前に債務圧縮を狙っており、今年6月 には親会社に株式を売却し70億元(約950億円)を調達した。 7月24日の発表資料によれば、今回の計画で同社の負債構成比 率は96.5%と、3月31日の105%から縮小することになる。

中国東方航空は上海市場で取引される13億5000万株を1 株当たり4.75元で最大10組の投資家に売却する。国営の親会 社、中国東方航空集団も香港市場で発行される新株4億9000万 株を1株当たり最低1.40香港ドルで買い取る計画だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE