日風力開発株が続伸、日立と再生可能エネルギーで提携-事業強化期待

日本風力開発の株価が続伸。同社 は7日、風力発電事業を中心とした再生可能エネルギー分野について、 日立製作所と事業協力することで基本合意したと発表。風力発電事業の 強化につながることを見込んだ買いが優勢になった。

日風力開発株は買い気配でスタート。午前9時10分、前日比

3.6%高の37万7000円で売買が成立した。その後も買い注文が優勢で、 一時は同4.1%高の37万9000円まで買い進まれた。

日風力開発が発表した資料によると、両社は効率的な事業構築に 向けた推進を検討する。10年3月末をめどに検討結果を踏まえ、「蓄 電池併設型風力発電制御システム(CaFrESS)」の技術分野での事業協 力など、必要に応じて個々の案件で具体化を図るとしている。

CaFrESSは風力発電に蓄電池を活用して電気の出力を安定させ、 効率的に送電を行うシステム。日風力開発は青森県六ヶ所村で世界初と なる大容量蓄電池併設型風力発電所の開発に成功し、07年5月に実証 運転を開始した。この分野で日立と事業協力を行い、日立が風力発電シ ステムを国内外で販売する際、CaFrESS技術とセットでの販売を検討 することなどが盛り込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE