米GM、マグナへのオペル売却の可能性低い-独CDU幹部のラウク氏

ドイツのメルケル首相が率いるキリ スト教民主同盟(CDU)の幹部、クルト・ラウク氏は7日、米自動 車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が欧州部門オペルをカナダの自 動車部品メーカー、マグナ・インターナショナルに売却する公算は小 さいとの見方を示した。マグナはロシアの銀行ズベルバンクと提携し ており、GMがロシアへの技術流出を懸念しているためだという。

独ダイムラークライスラーとフォルクスワーゲン(VW)傘下の アウディの取締役を務めた経験を持つラウク氏は、GMがオペル売却 を撤回し、欧州とロシアでの存在感を保つためにオペルの過半数株式 の維持を決定する可能性があると述べた。GMは欧州やロシアに工場 を建設し、生産能力を拡大している。

ラウク氏は電話取材に応じ、マグナのパートナーであるロシア最 大の銀行、ズベルバンクに言及し、「GMの新たな取締役会が重要な技 術情報のロシアへの流出を容認するとは考えられない」と指摘。GM にとっては、「再建計画」に基づいてオペルを維持することが「商業的 に賢明だ」と語った。

GMの取締役は8日から2日間にわたりデトロイトで開く取締役 会で、オペルの将来に関する決定を下す。GMが、ベルギーを拠点と する投資会社RHJインターナショナルの買収案を支持する一方、オ ペルに15億ユーロ(約1970億円)のつなぎ融資を提供したドイツ政 府は、マグナによるオペル買収を支持している。

-- Editor: Alan Crawford

--*

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Andreas Cremer in Berlin at +49-30-70010-6216 or acremer@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kenneth Wong at +49-30-70010-6215 or kwong11@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE