英BAが高級リゾート地向け路線で旅客機を再活用-富裕層需要に照準

欧州3位の航空会社、英ブリティ ッシュ・エアウェイズ(BA)は、出張旅行需要の落ち込みで利用さ れなくなった航空機をラスベガスやジャマイカ、モルディブなどのリ ゾート地向け長距離路線に活用する。

BAがこの冬に運航を開始する6つの新路線のうち5つはエジ プトの紅海沿岸にあるシャルムエルシェイクやドミニカ共和国のプ ンタカーナといった人気のリゾート地行き。英国営業担当責任者のリ チャード・タムズ氏は、予約状況に「極めて勇気付けられている」と いう。

タムズ氏は電話取材に応じ、「需要が持続すると考えられる路線 を慎重に選んだ」と述べ、「通常なら航空機は調達不可能なだけに、 今回の新路線の運航は当社にとってビジネスチャンスになる」と語っ た。

8月までの5カ月間の旅客数が2.8%減少したため、BAは旅客 機16機を駐機し、10月から来年3月までの輸送能力を5%削減す る。タムズ氏は新路線について、リセッション(景気後退)でも支出 を減らしそうにない富裕層が満足する高級リゾート地に照準を合わ せたと説明した。

BAの株価は7日、前日比3.4ペンス(1.8%)高の192.8ペ ンス。年初来では7.3%高。時価総額は22億2000万ポンド(約3370 億円)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE