独DAX5000に下落も、ダイヤモンドトップ形成なら-テクニカル分析

オランダのINGグループのテクニ カルアナリスト、ルロフヤン・ファンデンアッカー氏によると、ドイ ツ株の指標DAX指数は、チャート上で「ダイヤモンド・トップ」と 呼ばれる高値反転パターンが形成されれば、およそ5000に下落する可 能性がある。

ダイヤモンド・トップとは、上昇トレンド下で価格変動が拡大し た後に縮小することでできるダイヤモンドの形状。ファンデンアッカ ー氏によると、DAXが5300付近にある支持線を割り込めば、出現が 「まれ」なこの形状が確認されるという。

DAXは8月25日に年初来高値の5557.09に上昇。その後これま でに1.6%下落しており、9月2、3の両日には日中、一時5300を下 回った。ファンデンアッカー氏は、ダイヤモンド・トップが確認され れば、短期的な急落が見込まれると予想。3月の安値を起点としたト レンド線が4970付近で支持線になっているとの見方を示した。

DAXの7日終値は前週末比1.5%高の5463.51。ファンデンアッ カー氏はまた、再び5550を上回る水準に上昇すれば、ダイヤモンド・ トップは消滅し、より長期的な上昇トレンドが復活する可能性もある と指摘した。

-- Editors: Christiane Lenzner, Jason Carey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Maud van Gaal in Amsterdam at +31-20-589-8530 or mvangaal@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Hauck at +44-20-7673-2569 or dhauck1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE