円は上昇の可能性、新政府が為替介入控える方針なら-RBC

RBCキャピタル・マーケッツは7 日付のリポートで、為替水準が「自然に定まる」ことを日本の新政府 が容認するなら、円は上昇する可能性があるとの見方を示した。

RBCのシニア為替ストラテジスト、スー・トリン氏(シドニー 在勤)は同リポートで、「新政府が為替介入に消極的な政策を取れば、 円にとって強気材料と見なされるだろう」と指摘した。

円はロンドン時間午前7時23分(日本時間午後3時23分)現在、

0.2%安の1ドル=93円18銭で推移している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE