NY原油先物:インデックス・トレーダーが37%保有-6月末時点

米商品先物取引委員会(CFT C)の4日の発表によると、指数に連動して投資するインデックス・ トレーダーがニューヨーク商業取引所(NYMEX)で6月末時点に 保有していた原油先物の建玉(未決済残高)は全体の37%を占めた。

NYMEXでインデックス・トレーダーが保有していた原油先 物は6月30日時点で43万枚。この日の建玉総数は115万9868枚だ った。インデックス・トレーダーが保有していた原油の約定にはNY MEXのスワップや先物のほかICEフューチャーズ・ヨーロッパの 約定も含まれる。

CFTCはこの日、インデックス・トレーダーの商品市場にお ける役割に関する新たなデータを発表。建玉報告書を、マネージド・ マネー、スワップ・ディーラー、他の大口トレーダーのほか、生産 者・商業的利用者・商品の加工業者の計4部門に分類した。

エネルギー調査会社オイル・アウトルックス・アンド・オピニ オンズのカール・ラリー社長は「これにより、いつ何が起こっている かを把握することができる」と指摘。「どのような人々がどこで、な ぜ取引を行っているかが分かる」と述べた。

指数に連動する投資家が商品相場を過去最高値に押し上げたと の見方が強まるなか、2008年6月にデータの公表を求める声が高ま り始めた。この日公表されたデータでは、07年以降のインデック ス・ファンドやスワップ・ディーラーの持ち高に関する四半期末時点 の統計が提供されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE