中国中冶が香港で1年半ぶり大型IPO計画、最大2360億円-関係者

建設やエンジニアリングを手掛ける 中国中冶が、香港市場での新規株式公開(IPO)で最大196億香港 ドル(約2360億円)の株式発行を計画している。香港でのIPOと しては過去1年半で最大規模。事情に詳しい関係者2人が明らかにし た。

発表前を理由に匿名を条件に応じた同関係者らによれば、中国中 冶は1株当たり6.16-6.81香港ドルで、最大28億7000万株の株 式発行を計画している。同社が178億香港ドル、中国の公的年金、全 国社会保障基金(NSSF)が17億8000万香港ドルを調達する見 通し。北京を拠点とする中国中冶は、上海でも株式発行を計画してい るという。

同社のIPOは、香港市場では昨年3月に202億香港ドルを調達 した中国鉄道建築以降で最大になる。

ブルームバーグ・ニュースが入手したファンドマネジャー向けの 資料によると、中国中冶の株式発行価格の仮条件は、同社のIPO引 受金融機関が試算した2010年の利益予想を基にした株価収益率(P ER)で16.4-18.1倍。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE