中国は米の量的緩和策を懸念、全人代元副委員長が指摘-テレグラフ

英紙テレグラフ(オンライン版) は6日、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の 元副委員長、成思危氏が、中国当局は米連邦準備制度理事会(FRB) の量的緩和策について懸念していると述べたと報じた。

同紙によると、成氏はイタリアのコモ湖で開かれたワークショッ プで、FRBが米国債購入のために資金供給を続ければ、ドルは「急 落」するとの見方を示したという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gregory Turk at +81-3-3201-3441 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE