民主・鳩山代表:温室ガス、25%削減-政府目標見直し

民主党の鳩山由紀夫代表は7日 午後、都内で開かれた「朝日地球環境フォーラム2009」であいさ つし、日本の温室効果ガス削減目標について「これまでの政府の 政策をわれわれのマニフェストに基づいて見直す。温室効果ガス は2020年までに1990年比25%削減を目指す」と述べた。

民主党は衆院選のマニフェスト(政権公約)で、温室効果ガ スの排出量について「2020年までに25%減(1990年比)、2050 年までに60%超減(同前)を目標とする」と明記。キャップ・アンド ・トレード方式による「実効ある国内排出量取引市場」の創設や、 地球温暖化対策税の導入検討も打ち出している。

麻生太郎政権は中期削減目標について「2020年に05年比 で15%減(1990年比で8%減)」との方針を決定していた。鳩山 氏の発言は新政権がより厳しい数値を示すことで日本の変化を印 象付け、12月の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15) など今後の国際交渉に臨む方針を鮮明にしたものだ。

ただ、鳩山氏は、「わが国のみが、削減目標を掲げても、気候 変動をとめることはできない。世界のすべての主要国による、公平 かつ、実効性のある国際枠組みの構築も目指す」と指摘。その上 で、「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意というも のが、わが国の国際社会への約束の前提となる」と述べた。

温室効果ガス削減の中期目標に関しては、日本の主要メディ アに外相就任が内定したと報じられている岡田克也幹事長(地球 温暖化対策本部長)も7月24日のブルームバーグ・ニュースとの 単独インタビューで、民主党の目標を掲げて国際交渉にあたる考 えを表明していた。

--取材協力:Editor: Hitoshi Sugimoto,

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先:東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE