韓国経済、原油高など下振れリスクになお直面-企画財政省

韓国企画財政省は7日公表した景 気見通し月報で、同国経済が原油高や内需回復の弱さなど下振れリス クに直面しているとの認識を明らかにした。

月報は「先進国経済に改善が示される中で、韓国経済は回復傾向 が続いている」としながらも、「原油価格上昇の可能性や相対的に弱 い内需の回復など、引き続き下振れリスクが存在する」と指摘した。

企画財政省はこの日、さらなる雇用の創出と個人消費や設備投資 の活性化を図るため、政府として「拡張的な」マクロ経済政策を継続 する方針だと表明した。

月報によれば、企画財政省は8月の経常黒字を約15億ドル(約 1400億円)と予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE