ネスレ:中国での売上高20%増目標を達成へ-消費刺激策の恩恵で

世界最大の食品メーカー、スイ スのネスレは5日、中国での売り上げが7-12月(下期)に増加す る見込みで、今年の目標である同国での売上高20%増を達成できる との見通しを示した。

ネスレ(中国)のパトリス・ブラ会長兼最高経営責任者(CE O)は上海でのインタビューで、「当社は20%以上の伸び実現を目 指しており、今年10-12月(第4四半期)に達成できると予想して いる」と述べた。同会長によると、今年のこれまでの売上高の伸びは 前年比で12-13%となっている。

世界的なリセッション(景気後退)に伴い輸出需要が減退する なか、中国は授業料の値下げを実施するほか、自動車や電気製品の購 入を促す補助金を提供。国内の個人消費拡大に向け8500億元(約11 兆6000億円)規模の医療政策を打ち出した。ブラ会長はネスレが中 国によるこれら消費刺激策の恩恵を受けているとの見方を示した。

ブラ会長は「中国の消費者は依然、消費しており、中国政府の 政策の効果が表れている。新製品も投入する予定で、中国については 非常に強気な見方をしている」と述べた。

ネスレは中国で21カ所の工場を運営。インスタントコーヒーの 「ネスカフェ」やチョコレート製品の「キットカット」などを販売し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE