マダム・タッソー所有の英マーリンがIPO検討-インディペンデント

マダム・タッソーろう人形館や テーマパークのレゴランドを所有する英マーリン・エンターテインメ ンツ・グループは、ロンドン証券取引所への新規株式公開(IPO) を通じた20億ポンド(約3060億円)調達計画の最終準備を進めて いる。英紙インディペンデント日曜版(オンライン版)が6日、情報 源を明かさずに伝えた。

同紙によると、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモル ガン・カザノブ、シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、ドイツ 銀行、BPパリバが共同ブックランナーの一角の座を目指している。

マーリンを保有する米投資会社ブラックストーンは、FT100種 指数への採用基準を満たす時価総額になるよう、今回のIPOの対象 に2006年に買収したリゾート運営会社センター・パークスを含める 可能性もある。

マーリンの広報担当のサリー・アン・ウィルキンソン氏は6日 の電話取材に対し、上場は「当社の一つの選択肢」だと述べたものの、 「何の決定も下されていない」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE