ポンドは売り、今週の英中銀は資産購入規模を再拡大の公算-UBS

スイスの金融大手UBSは、イン グランド銀行(英中央銀行)が10日の金融政策委員会(MPC)で 資産買い取りプログラムの規模を拡大するとの観測に基づき、スイ ス・フランとユーロに対するポンド売りを勧めた。

UBSのチーフ通貨ストラテジスト、マンスール・モヒウディン 氏(チューリヒ在勤)は7日付の調査リポートで、MPCが資産買い 取り規模を250億ポンド(約3兆8280億円)拡大する公算がある との見方を示した。MPCは先月、買い取り規模を500億ポンド上 乗せし、1750億ポンドに拡大した。先に日本が陥った流動性のわな に英国もはまることへのキング英中銀総裁の懸念が、一段の購入拡大 決定を促すとみている。

モヒウディン氏は、「MCPが量的緩和を一段と進めるリスクが ある。当行の英国担当エコノミストらは、キング総裁が今週は250 億ポンド拡大でMPCメンバーを説得できると予想している」と記述 した。

ロンドン時間午前8時1分(日本時間午後4時1分)現在、ポン ドはスイス・フランに対し1ポンド=1.7323フランと、ニューヨー ク時間前週末4日の1.7387フランを下回っている。対ユーロでは1 ユーロ=87.53ペンス(前週末は87.21ペンス)に下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE