ドラギFSB議長:金融システム再構築の取り組み、G20は勢い持続

金融安定化理事会(FSB) のドラギ議長(イタリア中央銀行総裁)は5日、20カ国・地域 (G20)が国際金融システム再構築について無関心ではないと 指摘した。

ドラギ議長はG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれたロ ンドンで記者団に対し、「金融改革への取り組みで勢いを持続す ることに、G20各国や閣僚から非常に強力な支持があった」と 述べた。

同議長はまた、金融機関は配当支払いや株式買い戻し、給与 引き上げを決める前に「この絶好の機会に自己資本を増強するこ とを考えるべきだ」と指摘した。

その上で、今月下旬に米ピッツバーグで開かれるG20首脳 会議(金融サミット)に向けて、金融機関幹部へのボーナス制限 に関する指針の草案を作ることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE