G20財務相会議開幕:景気刺激策の継続確認へ-出口戦略にらみつつ

20カ国・地域(G20)財務相・中 央銀行総裁会議が4日、ロンドンで開幕した。各国首脳は大恐慌以来で 最悪のリセッション(景気後退)を終わらせて景気回復の芽を育てるた めの政策継続を確認する見込みだ。

会議に出席するダーリング英財務相やシュタインブリュック独財務 相らは、今回の危機に対応した刺激策を撤回するのは時期尚早との立場 をとる。同時に、今後の出口政策についても検討を始めることを約束し ている。

直前に米国で発表された8月の雇用統計では、雇用者数の減少には 落ち着きがみられたものの、失業率は26年ぶりの高水準に達した。こ うしたまちまちの統計は、各国政府首脳がリセッションに対する勝利宣 言や刺激策の撤回、史上最低水準にある政策金利を引き上げ方向とする といったことはできない状況にあることを示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE