IMF:10年の世界経済見通しを2.9%に上方修正-政府当局者

国際通貨基金(IMF)は、2010 年の世界の経済成長率予想を2.9%と、7月時点での2.5%から上方修 正した。

ロンドンで4日から開催される20カ国・地域(G20)財務相・中 央銀行総裁会議用に用意された資料を基に政府当局者の1人が匿名を条 件に語ったもので、IMFは09年の成長率についてもマイナス1.3% と、マイナス1.4%から上方に修正した。IMFの最新の経済見通しは 10月1日に発表予定。

この最新の見通しでは、ユーロ圏は今年マイナス4.2%成長となっ た後、10年はゼロ成長が予想されている。米国は09年に2.9%のマイ ナス成長となるものの、10年は1.2%成長が見込まれている。日本は今 年マイナス5.4%成長に落ち込んだ後、来年は1.7%の成長が予想され ている。先進国全体では今年マイナス3.7%成長の後、来年は1%の成 長が予想されている。一方、新興市場経済は今年1.5%、来年5%のと もにプラス成長が見込まれている。

IMFの見通し修正については、4日ロイターが先に報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE